このページの目次を開く

このページの目次

  1. 実際の体験談をご紹介
  2. おすすめの不動産一括査定サイト
  3. よくある質問

実際の体験談をご紹介

近所の不動産業者に任せなくて心の底から良かったと思う。(男性/60代)

男性/60代

子供も家を出て、老夫婦2人で過ごすには広過ぎる家。

残りの人生をゆっくり過ごすために家を売り払うことにしました。
しかし、いざ不動産会社に伺ってみると、思っていたよりも低い査定額を言い渡され落ち込みました。

納得がいかず夫婦2人でいくつかの不動産を巡ってみたものの結果は変わらず、2人で肩を落としたことを覚えています。

パソコンでどうにか今ある家を高く売れないか?と調べてみたところ、
数ある不動産から同時に査定を受けられるというサイトを知りました。

さっそく入力していると、沢山の不動産からの査定額が提示されていました。

そこに映された査定額は、すべて足を使って出向いた不動産会社の査定額を超えていました。

その中でも比較的近所にある不動産会社に訪問査定をしていただき、
近場の不動産よりも高い査定額で売りに出されました。

居住したままだったのですが、数人の見学者がきて3ヶ月後には買い手が決まりました。

近場の不動産で言われた査定額を信じずに、色々な場所に相談して本当に良かったです。

おすすめの不動産一括査定サイトはこちら

突然の海外赴任ですぐに家を売らなけきゃいけなかった。(男性/30代)

男性/30代

憧れのマイホームを購入して5年程経ったある日、会社からの海外支社へ異動通告を受け
半年で家を引き払わねばならない状態になりました。

仲介で売りに出したかったのですが、3ヶ月という短い期間では不動産に直接買取しか方法はないのかなと思いました。

ただ、ローンがまだ2000万ほど残っていたので、どうにかして住宅ローンの費用はペイしたいと考え、
一心不乱で家を売る方法を探しました。

色々調べていくと、家の売買は不動産の一括査定サイトを利用するのが効率的だと分かったので、すぐに試してみました。

そのうち3社を選び、電話などでやり取りをしているうちに、査定額は他の2社よりも低いが
熱意とやる気が感じられる不動産会社を選び、売却を依頼しました。

そして、わずか1ヶ月で買主さんを見つけてくれました。

最悪仲介ではなく買取も視野にいれていたので、本当に助かりました。
いい担当者に巡り会えたのが、僕にとっては一番の良かったところです。

思ったよりも土地が高く売れて満足です。(男性/60代)

男性/60代

名古屋の土地の値段が年々上がっていっているというニュースを見る度に気分が悪かったんです。

なぜなら、名古屋でも高くなっていく土地と料金の変わらない土地があるからです。
私が住んでいた土地は工業地帯です。

現場作業系の人間が多く住む場所で、なかでも所得が低い人が集まる地域に住んでいました。

私が住んでいた理由は、仕事がブルーカラーだからです。
職場も近く、特に不便はない。そんな印象でした。

定年退職後、そんな土地で平凡に暮らしていたら実家にいる母の体調が悪くなり介護が必要になりました。

そして、介護をするために引っ越しを決意しました。
持ち家を売ることになりましたが、住んでいる地域は綺麗なところではないし、治安もあまりよくありません。

二束三文だろうなとは思いながらも、今後の生活の足しにしなければいけません。

なので、沢山の不動産業者から査定してもらえるホームページで、できるだけ高い売値で契約できる業者を探しました。
売却までは0ヶ月かかりましたが、思っていたよりも高く売却できたので嬉しかったです。

おすすめの不動産一括査定サイト

イエウール

イエウール
  • 60秒の簡単入力で不動産の無料一括査定が可能、初心者でも安心
  • 評判の悪い企業は削除され、優良な不動産会社のみが登録されている
  • 早く・高く・失敗しないで不動産を売却したい人にぴったりなサイト

よくある質問

名古屋の土地は高く売れると聞きましたが、本当ですか?

本当です。ここ数年の名古屋の地価公示は上昇しています。

名古屋はトヨタ自動車や電子産業・機会産業が盛んで、経済が安定している土地です。
トヨタ以外にも経済を動かしてる企業が数多くあるため、土地の価値は2020年まで伸び続けるのではないかと言われています。

ただし名古屋全体の土地の価値が上がっているのかと言われればそうではなく、
工場地帯や所得の低い世帯が住む地域の土地の価格は変動していません。

名古屋で人気のある地区や高く売れるような地区はどこですか?

天白区と瑞穂区です。この2つの区は教育熱が高く、進学校や私立高校が多数存在しています。

子供を将来いい学校に通わせたい教育熱心な両親からは、絶大な支持を得ている区です。
この区に土地や家を持っていれば、買ったときよりも高い値段で売却できる場合もあります。

こういった地域では入学前の2~3月には買い手が見つかりやすいと言われており、
そのタイミングで売りに出すと効率よく売却できるようです。

その一方で教育施設が充実していない地域ですと、価格はそれほど高騰していないようです。

次々とタワーマンションなどが建設されているので、
中古のマンションなどは価格が下がっていく可能性が高いと予想されています。

不動産の一括査定サイトってどこも同じですか?

登録されている不動産の数や、サービス内容が違うくらいであまり変わりはありません。

どの一括査定サイトも無料で使うことができるので、いくつかの一括査定サイトを利用してみるのも手かもしれません。
たとえば、一括査定サイトに申し込み後、営業電話がかかってきたとします。

不動産の売買は大きなお金が動く取引なので、押しの強い露骨な営業電話がかかってくることは滅多にありません。

ですが稀に、契約してもらいたいがために営業の電話をかけてくる人もいます。
そういった営業電話が面倒だと思いながらもNOと言えない人は、不動産査定サイトに連絡してください。

不動産会社に警告をしてくれたり、売主さんの代弁をしてくれます。

不動産一括査定を使うメリットは何ですか?

一括査定サイトを使うメリットは、直接足を運び査定額を調べるあなたの時間を短縮できることと、
特定の地域・物件に詳しい不動産会社を見つけられることです。

不動産会社は全国におよそ12万社あり、1つの不動産会社が管理できる物件や土地は限られています。

実際に足を運んでも徒労に終わることも少なくはありません。
売りたいと思っている家・土地を上手く取り扱える会社を探すということでも、メリットになるのではないでしょうか?

また、どれだけ利用して相談しようとも、無料で利用できるのも強みです。

不動産一括査定サイトのデメリットは?

一括査定を数社に申し込めば、申し込んだ会社から査定額の電話がかかってくるでしょう。

売りに出す物件や土地に価値があればあるほど、不動産会社からの営業電話がかかってくる可能性が上がります。
不動産会社は仲介手数料を得て運営しているため、価値のある土地や物件を自社のものにしたいと考えているからです。

営業電話といっても、過剰な営業をかけてくることはありません。

そんな電話でもお断りしたいのなら、一括査定サイトに連絡して、
その不動産会社に電話をやめるように連絡すれば、それ以降に営業電話はかかってきません。

家を売る時にはリフォームした方が高く売れますか?

ケースバイケースと言えるでしょう。家として機能していない状態であれば、リフォームした方がいいかもしれません。

リフォームする上でのメリットは、内装が綺麗になるため買い手が見つかりやすくなること、
買い主はリフォームの予算を気にする必要がないことなどです。

デメリットとして、買い主が思い描いているリフォームではなかった場合、買い手が離れていくことが挙げられます。

家を購入する人のなかには、リフォーム前提で購入する人も多いので、大掛かりなリフォームは必要ないのかもしれません。
その方が買い手側のイメージを喚起させると思います。

大掛かりなリフォームよりも、掃除や修繕に力を入れた方が現実的でしょう。

特に掃除は重要な部分になるので、ハウスクリーニング業者を呼んで掃除して、綺麗な状態を保つ方が効率的(経済的)です。

机上査定と訪問査定の違いは何ですか?どちらを選ぶべき?

一括査定サイトを利用する上で、簡易査定(机上査定)と訪問査定を選択できます。

机上査定はその名の通り、データを元にして過去に同じような物件が
どの程度で売れたのか、地価公示などを参考にして査定額を出します。

訪問査定は実際に不動産業者が訪問し、良いところも悪いところも調べた上で査定額を算出するものです。

訪問査定では思わぬプラスポイントが出たりすることもありますし、マイナスポイントが見つかることもあります。
より正確な査定額を知りたいのなら、訪問査定を選んだ方がいいでしょう。

自分の住んでいる場所のおおよその値段や適正な価格が知りたいというのであれば、
一括査定サイトの机上査定で相場を知り、訪問査定をしてもらうといいでしょう。

一括査定サイトを使う際に注意するポイントはありますか?

一括査定サイトでいくつかの不動産会社に簡易査定をしてもらったとき、
あまりにも高い査定額をつけている不動産会社には注意しましょう。

いくつかの不動産会社に机上査定をしてもらうと、相場というものが見えてきます。

その土地で過去に売買されている物件などから算出した額なのに、20%以上も高い査定額を出している不動産会社には注意しましょう。
本来より高く見せて、契約してもらおうとしている不動産会社の可能性もあります。

相場の平均よりも査定額が飛び抜けて高い場合は、なぜその査定額なのか?
本当にそれで売却できるのか?
など、理由を説明してもらうようにしましょう。

住宅ローンがまだ残っているのですが、売却可能ですか?

ローンが残っていても売却は可能です。

不動産を売却する時点でローンを支払い終えていない人は珍しくありません。
ほとんどの人が、ローンの支払いが終わっていないまま売却しているのが事実です。

買ったときに組んだ住宅ローンが完済できるようならいいのですが、完済できないことも当然あります。

家を売って住宅ローンの借金が残ってしまった場合、譲渡損失と呼ばれる税金の繰越控除を受けることができます。
譲渡損失は最大で4年間受けられ、それまで払っていた所得税や市民税で控除(0円)を受けることが可能です。

売り出しと同時に家を出ていかなければならないのでしょうか?

売り出しと同時に家を出ていかなければいけないという決まりはなく、
買主と契約が決まってから退去することも珍しくありません。

多くの人が家を売却するときには、家が売れるのを待って、売却が決まってから引っ越すケースが多いようです。
売主も買主も引っ越しの準備やお互いの都合があります。

そこは買主と売主の間で相談して、お互いの退去日と入居日を決めていくのがいいでしょう。

欠点としては、売主が居住している状態だと、買主が部屋の隅々まで目視できないことが挙げられます。

売主が居住したまま売りに出すことにデメリットはありますか?

やはり売主さんが売却予定の家に住んだままの状態だと、
内覧に来た人が売主の前で遠慮してしまい家の隅々まで見れないことはデメリットとなるでしょう。

そのほかに内覧希望者と仕事の都合でタイミングが合わないということも起こりえます。

また、売主さんの家具や私物が部屋の中にあると、それだけでその物件に対するイメージができ上がってしまい、
生活感を感じさせてしまいます。

そのため居住しながら売却をする場合、家の掃除を徹底し、
内覧者が来るときにはすべての電気を灯して明るい印象を持たせましょう。

特に住居の掃除は、ハウスクリーニング業者などに頼み綺麗な状態にしておけば買い手が見つかりやすくなります。

家を売却した場合、固定資産税などの税金はどうなりますか?

売主は家を売却した翌年までは税金を払う義務があります。

そのため、売買契約時に固定資産税を日割り計算して買主側に請求するのが一般的です。
買主は所有者となってからの翌々年から、固定資産税を払うことになります。

家を売却した場合、利益が出ても出なくとも確定申告をする必要もあります。

確定申告をすると、税金が安くなることもあるので必ず行ってください。

家を売却しても年末調整をすれば、確定申告しなくとも大丈夫?

勤め先にて年末調整を行っても、確定申告はしなければなりません。

家を売却した場合、税務署から確定申告を行うよう通知が届きます。
必ず2月16日~3月15日に税務署にいき、確定申告をしてください。

確定申告のやり方がわからずとも、税務署の職員に聞きながら、チェックする項目や記入事項を説明してもらえます。

また、確定申告を行うことで税金が安くなることもあります。

家を購入して残ったローンなどを売却金で払いきれなかった場合などは譲渡損失となり、
最大で4年間は給与所得などから所得税が控除され支払う税金が安くなります。

仲介と買取のメリットとデメリットは何ですか?

仲介をすると、不動産会社が売主の不動産の買主を見つけ、仲介手数料が発生します。

買取は不動産会社が売主の不動産を買い取るため、仲介手数料はかかりません。
なんといっても、仲介の良い点は高い売却価格でしょう。

仲介手数料を差し引いたとしても、買取よりも売却価格は高くなります。

その反面、仲介はいつ売れるかわからないというデメリットもあります。
たとえば、郊外などの家や土地は買い手が中々見つからず、1年以上売れないことも珍しくはありません。

買取なら不動産会社に家を売るため、すぐに売却額を手に入れられます。

ただし、不動産会社は家が売れないリスクを背負うため、仲介で売れる価格の2割~5割減での取引です。
売却価格は仲介の方が高くつくため、急ぎでなければ仲介をオススメします。

名古屋の不動産に特徴的な点はありますか?

トヨタ自動車などが好調なことによる波及効果や、リニア開通を見越した駅の再開発などが行われていることもあり、
名古屋市とくに名古屋駅周辺の地価は上昇しています。

また、繁華街の近くだけでなく住宅地の不動産価値も上昇しているのが、名古屋市の不動産の特徴です。

このページの先頭へ