転勤でマンションを650万円で売りました。(男性/40代)

男性/40代

私は現在、42歳の公務員です。

定期的な転勤もあり、夫婦2人ということで自宅は今まで賃貸のアパートでした。

ただ、名古屋に赴任してからは子供が生まれたため、妻が落ち着ける場所と子供の教育を考え、
35歳の時に築25年の2LDKのマンションを約1400万円で購入しました。

その後、2人目の子供が生まれて、子供の成長とともに2LDKの間取りが狭く感じるようになりました。

そしてまた、転勤の話が浮上してきたため、妻と相談した結果、帯同で転勤することになったので、
できれば転勤前の名古屋にいる間にマンションを売ってしまいたいと思いました。

転勤までは2年ありましたので、まずはマンションを購入した不動産屋へ相談に行きました。

相談の結果、1年以内に売却はできるが、買取価格は300万円程度になるとのことでした。

妻からはまだ時間があるから、他にも色々あたってみたらと提案され、少し離れた別の不動産屋に行きましたが、
不動産屋の担当区域の関係で相談に乗ってもらえませんでした。

そんな中、妻はインターネットを使ってマンション売買の相場や査定額、取引方法などを調べており、
たくさんの有力な情報を入手することができました。

結局、1年間は売却に関する情報収集を続け、残り1年で本格的な交渉をして、650万円で売却することができました

特に売買価格の基準を知るために活用したイエウールという査定サイトは非常に便利でした。

人気の不動産一括査定サイトはこちら